スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけ 其の参

PCM_06_01_24_0001.jpg

↑あくびの写真です。何かに驚いたわけではありません(笑)

とうとうリクガメを我が家に迎える日がやってきました。
水槽、ライト類などは事前に購入しサーモの作動チェックも完了。
受け入れ態勢は万全です。

再び訪れた爬虫類ショップ。
ヘビやらイグアナやらトカゲやら店員さんやら。

どきどきしながらも冷静を装いつつ、傍にいた店員さんに
勇気を出して話しかけました。

ご「あの~、リクガメを飼いたいんですけど・・・。」

店員A「あ、じゃあカメの担当を呼びます。」

さすが爬虫類ショップ。
まさかカメに担当がいるとは思いませんでした。

しばらくしてやってきた店員さんはいかにもカメ担当らしい
温和そうな感じの方でした。

ご「えと、ホルスフィールドリクガメっていますか?」

店員B「このロシアリクガメって書いてあるのがそうです。」

そう言うと店員さんBはおもむろにケージの中にいた
ホルスを1頭出して見せてくれました。

このとき生まれて初めてカメに触れました。
ずっしりと重くてポカポカ温かかったのが印象に残っています。

このカメは他のホルスと比べると尻尾がとても短く、
どうやら雌のようでした。

今まで動物は雄しか飼ったことがなかったので
今度も雄が良かったのですが、

「雌の方が甲羅が丸くて可愛いです。」

と店員さんBに教わったのと、
初めて触ったカメ!という特別な思いから
この子を連れて帰ることに決めました。

名前は『リク』とつけました。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング