スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけ 其の参

PCM_06_01_24_0001.jpg

↑あくびの写真です。何かに驚いたわけではありません(笑)

とうとうリクガメを我が家に迎える日がやってきました。
水槽、ライト類などは事前に購入しサーモの作動チェックも完了。
受け入れ態勢は万全です。

再び訪れた爬虫類ショップ。
ヘビやらイグアナやらトカゲやら店員さんやら。

どきどきしながらも冷静を装いつつ、傍にいた店員さんに
勇気を出して話しかけました。

ご「あの~、リクガメを飼いたいんですけど・・・。」

店員A「あ、じゃあカメの担当を呼びます。」

さすが爬虫類ショップ。
まさかカメに担当がいるとは思いませんでした。

しばらくしてやってきた店員さんはいかにもカメ担当らしい
温和そうな感じの方でした。

ご「えと、ホルスフィールドリクガメっていますか?」

店員B「このロシアリクガメって書いてあるのがそうです。」

そう言うと店員さんBはおもむろにケージの中にいた
ホルスを1頭出して見せてくれました。

このとき生まれて初めてカメに触れました。
ずっしりと重くてポカポカ温かかったのが印象に残っています。

このカメは他のホルスと比べると尻尾がとても短く、
どうやら雌のようでした。

今まで動物は雄しか飼ったことがなかったので
今度も雄が良かったのですが、

「雌の方が甲羅が丸くて可愛いです。」

と店員さんBに教わったのと、
初めて触ったカメ!という特別な思いから
この子を連れて帰ることに決めました。

名前は『リク』とつけました。
スポンサーサイト

きっかけ 其の弐

PCM_05_09_05_0002.jpg

↑飼育当初の60cm水槽です

さて、飼育本を買ったまでは良かったのですが
ヌマガメにするかリクガメにするか迷いました。

この本にはたくさんの種類のカメが載っていました。

ミドリガメやクサガメの特殊部隊的な
顔の模様に少し恐怖を感じたのを覚えています。

色々考えて

イシガメかリクガメか・・・

というところまで来ました。

飼育方法を比較してみて

・手間がかかるヌマガメ
・お金がかかるリクガメ

水をたまにしかあげなくても勝手に育つ
というサボテンをパッサパサに枯らしてしまった経験をもつ自分には
毎日の水換が必要なヌマガメの飼育は不可能!

そう判断しリクガメを家に迎えることにしました。

しかしリクガメといってもたくさんの種類がいます。

厳しい審査を勝ち抜いたのは
○ギリシャ
○ホルス
○ヘルマン
○エロンガータ でした。

この4種類の名前をメモに書いて、いざ爬虫類ショップへGO!

初めて足を踏み入れる爬虫類ショップ。
むあっと熱気がたち込める店内にはヘビやらイグアナやら
トカゲやら、何だか分からないものやら・・・。

ようやく見つけたカメコーナーにはギリシャとホルスとヘルマンとパンケーキがいました。

初めて見るリクガメ。
目が可愛い。
首のシワがちょっとエグい・・・。

この日はウィンドウカメッピングをしただけでそのまま帰宅。

そしてこの日の寝る前に決めました。

『ま、ホルスでいいか・・・。』

きっかけ 其の壱

初めての写真撮影

ブログ初挑戦です。

我が家ではホルスフィールドリクガメ(ほぼメス)を1頭飼育しています。

現在は 甲長:14cm 体重:550gです。
(上の写真は飼育を開始した甲長:6cmの頃の写真です)

おいおい、何でまたリクガメなんて飼おうと思ったんだい、ボーヤ?
という方もいらっしゃるかと思いますので今日はリクガメ飼育を始めた経緯について書いていきたいと思います。

きっかけは些細な会話の中で友人が言った「カメ飼ってるんだ。」という何気ない一言でした。その友人が飼っていたのはヌマガメでしたが、

カメは可愛い。
カメは可愛いよ~。
カメはめちゃくちゃかわういぃんだよ~。

と、聞いてもいないのに何かにつけてカメの魅力を教えてくれる友人の言葉に

『カメってそんなに可愛いんだ!自分も飼ってみたい!!』
と思ったのが全ての始まりでした。

もっとカメを知りたい!
もっと詳しくカメのことを知りたい!
もっとカメを!!もっと光を!!!もっと自由を!!!

そのまま飼育本の立ち読みをするために本屋さんに走りました。

驚きました。

カメって爬虫類なんですね。
てっきり両生類だと思ってました。

へぇ~、脱皮もするんだ。冬眠もするんだぁ~。

え!?リクガメってでっかいゾウガメ以外にもたくさん種類があるの!?

これはもう飼育本を買わずにはいられなくなってしまいました。
そしてカメも飼わずにはいられなくなってしまいました。
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング