スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリプロピレン

先日、断熱シートをケージ下に敷いて
しばらく保温効果のほどをみていたのですが、




IMG_0887.jpg
上がっても1℃から2℃ぐらいでした。




どうやら下へ逃げる温度だけを防いでもダメみたいです・・・。

IMG_0869.jpg
(↑ ケージ上部がガラあき。)

やっぱり上も塞がないとダメだね、こりゃ。




ということで、リクのケージにフタをつけることにしました。


ホームセンターで買って来たのは、

IMG_0946_1.jpg
ポリプロピレンのシート。



IMG_0947_1.jpg


このポリプロピレンのシートは
ふにゃふにゃ柔らかいためハサミでザクザク切れて便利です。


実はリクのケージの窓と床にもこれを使っているんですよ(^^)☆


加工が楽で値段も安価。
唯一の難点といえば、“名前が言いづらい”ことぐらいでしょうか。

「ピレポロピレン」とか
「ポリピレプリン」とか言い間違えそうなややこしい名前(笑)。

まぁ、とは言っても私のように慣れればスラリと言えるんですけどね。



で、このポリピレプリン(←違う)の
シートをためしに

IMG_0893.jpg

加工もせずにそのままケージに被しておきました。


すると、
30分もしないうちに


IMG_0890.jpg
夜間設定温度の27℃にっ!




IMG_0894.jpg
あああっ、保温球が消えているのを見たのは何日ぶりだろう・・。(感無量)




昼間も
IMG_0895.jpg
設定温度の30℃キープ!!



IMG_0896.jpg
り「むしゃむしゃ。」

リクたん、今年の冬はなんとかこれで乗り越えられそうだね♪


シート切んないでこのまま被せっぱなしでも良いすか?(笑)

スポンサーサイト

銀色なやつ

さ、寒い

グンと気温が下がってきましたね



このごろ定時間で夕方帰宅すると

IMG_0868.jpg
リクはホットライト下でバスキングしてることが多いです。





IMG_0869.jpg
り「むはぁ~・・・。」





ただ、ホットライトはタイマーで18時に自動的に消灯してしまいます。

ホットライトがすでに消えてしまうとケージ内温度は

IMG_0884.jpg
・・・23℃ぐらいに下がります(汗)。




去年までは60cm水槽を使っていたので
『保温球フル稼働+夜間もホットライト点灯』で
真冬もなんとか温度調節できましたが、今年は保温がなかなか難しそうです。


で、いろんなサイトさんで情報収集をしてきました。

お、これ良さそう!と感じたのは
部屋の床とケージの間に断熱材をいれるという方法。

なるほどな~☆

ということで、
IMG_0873.jpg
今日はホームセンターで断熱シートを買って来ました。




このシートをケージの床面積に合わせてハサミでチョキチョキ




IMG_0877.jpg
カットした断熱シートをケージの下に敷いて完了。






どお?リク、あったかい?


IMG_0881.jpg
ガリガリガリガリ。






IMG_0882.jpg
り「ガリ・・・。」







IMG_0882.jpg
すやすや。




う~ん、どうなんだろな~??
効果あるといいんだけどね~。(^ ^)○

ライト交換

昨日は湿度対策について書きましたが
今日は温度対策です


去年の夏は気温が上がる日中の時間帯は
ホットスポット用ライトを消灯してしのいでいましたが、
やはりホットなスポッツ(?)で
バスキングが出来ないとどうしても食が落ちるようでした。



IMG_0318.jpg

(↑現在使っている75Wライトだと温度が上がり過ぎてしまう)



そこで、
今年の夏はW数の小さいライトに交換して日中も
点灯するぞ!計画を立ち上げ、ライトの買い出しに行きました。


IMG_0319.jpg

(↑買って来た30Wライト)




さっそく75Wと30Wのパワーの差を比較


IMG_0320.jpg

まずは75W。

う~ん、まぶしいぐらいにホットだぜ!




続いて30W↓


IMG_0321.jpg


おおおっ!マイルドっ!!

リクたん、これはなかなか良いんでない?
てか、かなり良いんではないかい!?
なんつーか、ちょっと柔らかい陽射しっての?

こんな柔らかい陽射しを浴びてしまったら
ついつい野菜もすすんでしまうんでないかい!?
どうなの?ねぇ、どうなのリクたん!?
ねぇねぇ、ねぇ?



IMG_0323.jpg

リ「ちょっとうるさい・・・、いま寝てるから。」


リクた~ん!
明日からは柔らかい陽射しだぞぉ!(しつこい)

シェルターのこと

今日はカメの隠れ家、『シェルター』について書きます。

シェルターをケージ内に常設しておくと
リクはご飯もほとんど食べず1日中シェルターの中に
引き篭もってしまいますので
我が家では夜間の熟睡&多少の保温のためだけに使用しています。


IMG_0273.jpg

毎晩22時頃、ケージの角っこで寝ているリクを
シェルターの中へ収容。



IMG_0274.jpg

翌朝、自分が目覚める時間には
リクはすでに起きて無言でご飯を待っています。


カメはどんどん成長しますので
体の大きさにあったシェルターを用意します。

ちなみにリクがこれまでに使っていたお家は↓


IMG_0279.jpg

初代シェルター
 板を切ってボンドで接着。屋根には耐熱用のタイルをあしらった
 モダンな雰囲気ただよう一品。




IMG_0280.jpg

二代目シェルター
 市販のロックシェルター。
 野生的な外観でセンスがあふれる一品。




IMG_0281.jpg

三代目シェルター
 植木鉢切り職人(わたくし)が40分かけてノコギリで切った
 こだわりの一品。現在使用中。



IMG_0285.jpg

並べてみるとそれぞれの大きさが分かりますね。


それにしても・・・
大きなサイズのシェルターもメーカーで
売り出してくれないでしょうかねぇ(*_*)。

木製ケージ

PCM_06_12_23_0001.jpg

↑昨年12月の画像です

毎月3~5mmのペースで巨大化していく
リクたんには60cm水槽はだんだん狭くなってきました。

大きなケージに買いかえようと思ったのですが
大型水槽や爬虫類専用ケージはとても高価です。

余談:
《上の60cm水槽はたまたま行った熱帯魚ショップの見切り品で
 とても安く買えました。
 
 「え~、でもいくら安いっていっても
  やっぱり数千円はしちゃうんでしょ!?」
 
 

 という奥様!
 
 今回ご紹介させていただきます60cm水槽は
 なんとお値段税込み980円!
 特別価格でご奉仕させていただきます!!
 (わぁ~!安~い!! 喜)
 
 
という、テレビショッピング並みの値段で買いましたw》



余談が長くなりましたが
そんなこんなで困っているときに
『木製ケージの作り方』が書いてあるページを某サイト様で
拝見させて頂きまして
これだ!!と思いました。

カメの健康上、本来は無垢の材木で作るべきなのですが
どれだけ安く作れるのか?ということを追求するあまり
2枚の合板で作ってしまいました(汗)

PCM_07_02_08_0001.jpg


完成ケージのサイズを
100cm×60cm×45cm に設定して図面を作成。

使用する木材は合板2枚、しめて1,490円也。

その他諸々の費用は
板を切るのに便利な丸ノコ(2,980円)を含めて11,166円。

合計12,656円也。

というわけで、市販の大型ケージのだいたい半額ほどの費用で
作成することができました。

ただし、何日かに分けて少しずつ作りましたので
総製作時間としては約13時間もかかってしまいました。


それでも休日に
PCM_07_03_11_0001.jpg

↑リ「おはようございます。
   ご飯まだみたいなのでとりあえずバスキングしてます」



PCM_07_03_11_0003.jpg

↑リ「体が温まってきたのでちょっとお散歩してきます」



PCM_07_03_05_0001.jpg

↑「じゃどうも。今日もお疲れ様でした。お先に失礼しまぁす」



という愛らしい行動を見るだけで
あ~、苦労してケージを作った甲斐があったなぁ
と幸せいっぱいです
新居の引き渡しは3月3日の女の子の日でしたww

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング